ニーズが有る狭小住宅

マンションやアパートで狭小住宅というジャンルを見かけることがあります。
これは非常に狭い土地に建設した家で、中に入ってみるととても狭いと感じてしまうことがあります。
定義としては明確なものがありませんが、一般的にはおよそ15坪以下というのが狭小住宅としてくくられています。
狭い土地に建設をすることになりますので、ミニ戸建て住宅という表現を使っていくこともあります。


そもそも狭い土地というのは面積が小さいだけでなく価格も安くなっています。
使用用途がある程度限定されてしまうためであり、同じ地域に点在している土地よりも安く設定されていることが多いです。
地価も安くなりますので、評価もある程度優遇してくれることがあります。
不況の昨今、率先して狭小住宅を選択するという方も多くなっています。
変形地も多いので、なかなか定まった形で間取りも構成されていないのが難点ですが、価格が安いからと購入をする方もいます。
ニーズに合わせて多くの方が購入をしようと集まってきますが、不動産会社などもこぞって狭小住宅に関してサービスを提供しています。


狭小住宅というのは延べ床面積についても確保していくことが必要となっていきます。
間取りを見ていくと3階建て以上になっていたり、地下室が構えられるというケースもあります。
そしてアクリル板やガラスの間仕切りを使用して日光を取り入れていくということも行われています。
こうなってしまうとコストが大きくなることもありますので注意をしなければなりません。


≪注目情報≫
狭小住宅の建築を検討する際に参考になる専門の設計事務所のサイトです => 狭小住宅 建築

Copyright © 2014 狭小住宅の間取りって? All Rights Reserved.